林木林 文/岡田千晶  絵『あかいてぶくろ』絵本原画展




いつもいっしょにちびちゃんの手を温めていた一組の赤い手袋。ある日、ちびちゃんは森で右手袋を落としてしまいます。通りかかったキツネが手袋を見つけて枝にかけておきますが、風で飛ばされてしまって…。(小峰書店HPより)


”幸せのかたちは人それぞれ”というメッセージを優しく届けてくれる絵本『あかいてぶくろ』の原画展を開催します。


ふんわりやわらかな赤いてぶくろ。

赤が引き立つ雪景色。

あたたかそうな部屋の灯かり。

そして、表情豊かなどうぶつたち。

鉛筆と色鉛筆のふんわりした質感で緻密に描かれた、見どころたっぷりの原画をお楽しみください。




林木林 (はやしきりん)

詩人、絵本作家、作詞家。言葉遊びの分野でも活躍。主な絵本作品に『あかり』(光村教育図書)、『ねばらねばなっとう』(ひかりのくに)、『おちゃわんかぞく』(白泉社)、『みずたまちゃん』(鈴木出版)など多数。翻訳作品に『ペンギンピート ひみつのぼうけん』(講談社)などがある。


岡田千晶 (おかだちあき)

大阪府に生まれる。ボローニャ国際絵本原画展2010入選。子どもの世界の繊細な表情をていねいに描く。『ひだまり』(林木林文、光村教育図書)で第66回産経児童出版文化賞産経新聞社賞を受賞。作品多数。林木林との絵本に『あかり』『こもれび』(光村教育図書)がある。



 

岡田千晶『あかいてぶくろ』原画展

2022年12月2日(金)-1月12日(月)

場所:長崎書店内ギャラリー

時間:11時~19時(最終日のみ18時まで)

Recent Posts

See All