上通店のおすすめ

文芸のおすすめ

文芸

みらいめがね それでは息がつまるので

荻上チキ+ヨシタケシンスケ

暮しの手帖社

¥ 1620(税込)

雑誌『暮しの手帖』での連載エッセイが本になりました。『彼女たちの売春(ワリキリ)』、『災害支援手帖』、『すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論』、『いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識』など、幅広く、多数の著作がある評論家の荻上チキさんと、『りんごかもしれない』、『もうぬげない』、『このあとどうしちゃおう』などの絵本で、様々な賞を受賞してこられたヨシタケシンスケさんがタッグを組んだ、新感覚エッセイ集です。

なにが新感覚か、というと、毎回ひとつのテーマについて、まず荻上さんが書き上げたエッセイに、ヨシタケさんのイラスト(数コマのまんが形式)が付されるのですが、この2つの間には微妙なズレというか違う解釈の仕方があって、2つの間を心が行き来する時の感じが、良い感じに頭脳を刺激してくる感じです。連載で読んだという方も、まとまった形で読むとまた色々雰囲気が違うと思いますので、ぜひ読んでみてください!