上通店のおすすめ

文芸のおすすめ

文芸

20世紀ラテンアメリカ短篇選

野谷文昭/編訳

岩波文庫

¥ 1102(税込)

意外と類書が多くない、20世紀に世界中でブームを巻き起こしたラテンアメリカ文学のアンソロジーが発売されました。日本でも大人気のガブリエル・ガルシア=マルケスやマリオ・バルガス=リョサをはじめ、カルロス・フエンテス、イサベル・アジェンデ、それから、……誰?というような作家まで、16人の16作品が収録されています。

例えば本書に収録されている1作品目は、オクタビオ・パスの『青い花束』。パスはラテンアメリカを代表する大詩人で、本作品は5ページ足らずの掌編です。冒頭部分「水を撒いたばかりの赤レンガの床から、熱い水蒸気が上がっている。」とか、「隠れ処から涼みに出てきたサソリを踏まないように気を付けながら、裸足で部屋を横切った。」とかいう描写があって、ラテンアメリカならではの風土を伝えてきます。5ページなのでサクッと一読、タイトルからして何か美しいエピソードかと思いきや、待ち受けているのは不気味で不条理な展開、「青い花束」とはまさかそういう事だったとは!という感じです。ちょっとカフカみたいな雰囲気でしょうか?ぜひ読んでみてください!