ギャラリースケジュール

上通店2018.07.03 - 2018.07.18

<終了しました>『あのとき、そこにきみがいた』絵本原画展

2016年4月、熊本を襲った地震を描いた絵本『あのとき、そこにきみがいた』の原画展を開催いたします。

2018年3月、絵本発行時に熊本の書店数店で原画展が開催されましたが、その時はほんの一部の原画しかご覧になれませんでした。
今回は絵本の原画30点!初のほぼ全点展示になります。

熊本市在住のイラストレーターがとらえた被災のリアルと、その先にある希望。写真による報道とは一味違った絵本ならではの一冊。

【書籍の内容】
2016年4月16日、午前1時25分頃、熊本県熊本地方をマグニチュード7.3、震度7の巨大地震が襲いました。
本書は、熊本市在住のイラストレーターが、実際に体験した震災と、避難所の様子を描いた、熊本地震を扱う唯一の絵本です。
着の身着のまま自宅を飛びだした著者一家は、近くの小学校へ避難します。教室や廊下、体育館には、とりあえず避難してきたものの、途方に暮れる人たちで溢れかえっています。
絶望にうちひしがれる彼らのもとに、やがてボランティアの中学生たちが駆けつけます。きいろいビブを身につけ、炊きだしや給水活動などに溌溂といそしむ彼ら。その姿に著者は感銘を受け、時代を担う若い世代の逞しさ、生きる力を確信し、そこに希望を見出すのです。

著者のやじまますみ(矢島眞澄)さんは、1952年2月4日、東京都の出身。広告代理店を経て、1977年、フリーランスのイラストレーターとして活動を始めました。広告代理店時代に、新聞広告、雑誌広告、テレビコマーシャルなどにイラストレーションを数多く提供。フリーランスになってから、絵本や児童書の挿絵等の仕事も手掛るようになりました。著作に、絵本『ちいさなりゅうマディソン』『てがみ』(ともにフレーベル館)、挿絵作品に『ポプラ世界名作童話20 飛ぶ教室』(ポプラ社)など多数。写真による報道やルポルタージュとは一味違った、絵本ならではの趣が漂う一冊です

「<終了しました>『あのとき、そこにきみがいた』絵本原画展」

会期: 2018.07.03(火) - 2018.07.18(水)

場所:長崎書店内ギャラリー

時間:10時~20時

入場無料